スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

NHKの朝ドラ

視聴率最強の番組が何か、考えてみたことがあるだろうか?ニュース7や月9のドラマではない。

数年前までみてもずっと、NHK の朝ドラである。

(ビデオリサーチ参照。2015年も、2018年5月の今も、朝ドラが最強である。 https://www.videor.co.jp/tvrating/


なんでだろうか?

一回15分という見やすさか、キャストを集めるNHKの力か、時間帯的にライバルがいないのか、地域を巻き込んで支持を広げているからなのか、内容が圧倒的に全世代からみて面白いのか?

他のドラマ同様、Twitter等SNSや特設サイトがあり、負けていない。

(今の朝ドラ『半分、青い』特設サイト https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/


どの要素が原因で最強なのか、過去の事例までさかのぼっても分からないだろう。「キャストのランク、内容の面白さ」など、決め方からよく分からない。キャストで決まるなら朝ドラ卒業生の番組が並ぶ人気になってもいいが、ドラマ最高視聴率は常に朝ドラだ。


久々に観ている『半分、青い』はストーリーがとても面白いし主人公も可愛くて見ていたくなるが、実際に観ている身としても「ここがこう面白いから視聴率高い」という説明をできる気はしない。


つまり、朝ドラはブランド力を手に入れているのだと思う。おそらく人々は、


Apple社に優れたデザインと革新の精神をみるように、

ナイキ社にスポーツの爽やかなカッコよさをみるように、

ディズニー社に優れた非日常体験をみるように、

朝ドラになにか、美しくて面白い物語と清々しい主人公のようなものをみているのだ。


デジタル化が進んでどの製品にも十分な機能がつき、差別化が困難になるとき、ブランド力が脚光を浴びるようになるだろう。

きっとそのとき、朝ドラ制作については企画段階から解明がなされ、ブームのようになると思う。

ストーリーやキャストや企画の段取りなど、そのときには詳しく知りたいと思う。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

https://blog.goo.ne.jp/kazunotesu

アクセスVISION:様々な事業や市場の動向について述べているサイト 


スポンサーサイト

コメント