観光客への接客と慣習

ここのところ、訪日外国人客がたくさん来てくれているらしい。2016年には2400万人だったが、今年は年初から毎月前年を上回る勢いである。観光庁のサイトで最新データが見られる。
これは日本をよく知ってもらえることにもなるし、たくさんお買い物や食事・宿泊を楽しむことはお金の回りが良くなることでもある。

しかしながら、例えば日本の街中の定食屋などでトラブルは防げるだろうか?味覚は合うのだろうか?
居酒屋の「お通し」を巡るトラブル、外国人向けのトッピング、京都の舞妓さんへのマナー、ホテルのドタキャンなどのニュースが多い中、例えば東京オリンピックまでに何か基準は作れるのだろうか?

これは、慣習というよりも個別の判断になるだろう。
・「お通し」など、日本人でも分からなくてトラブルになることがある複雑な話
・外国人客に合わせようとして変なトッピングをしたら逆効果、というやりとり不足なだけの話
・舞妓さんに写真撮ろうと言いすぎたりホテルのドタキャンだったり、どの土地でもトラブルになる分かりやすい話

これらを未然に防ぐには、
・分かりやすい話は注意するスタッフを観光客での受益者が雇うことで解決する
・複雑な話は分かりやすくするために国内でルールを作る(例えば、チップを観光客には要求しない海外のレストラン等)
・やり取りの不足は起こるトラブルを国内単位で小まめに反映して、行き届いたメニューを作るなり対応する

というような取り組みがありえるだろう。最後の取り組みは、観光庁が取りまとめて(固有名詞をふせつつ)ネットに事例を紹介してあげたら飲食店などは助かるのではないか。
海外観光客の訪問が増えて、色々な国の話も聞けたら楽しそうだと思う。

統計にみる「日本の普通」
まずは日本の今を知りたいときの本

アクセスVISION
様々な事業や市場の動向について考えているサイト

スポンサーサイト

コメント